瀬戸川のお客様(3)ユリカモメ

ユリカモメの「ユリ」は「百合の花」のこと。

百合の花のように真っ白で雄蕊の葯のような真っ赤な嘴が印象的。

日本では冬鳥なので「白に赤」が一般的ですが、たまに夏羽をもみかけます。

こちらは、頭が真っ黒なので、とても「百合の花」には見えません。

今、瀬戸川に来ているのはみんな冬羽です。

この記事を書いた人