ご紹介・拠点

高丘西小学校区は、明石市の東西方向の真ん中に位置し,大久保町の北側にあります。

大窪、西脇等の歴史ある地域に、昭和46年開発の山手台地区、昭和50年開発の高丘地区(西部)で構成された閑静な住宅地で、世帯数は2,800を数え、昭和46年以降から暮らしている住民の方が多数を占めているので、現在では明石市の中でも高齢化が進んでいる地域の一つです。

このため、子どもから高齢者まで安心して、安全に暮らせることを目指した活動に積極的にとりくみ、敬老会、餅つき大会、防災訓練、等の活動を行い住民の交流親睦を図っています。

特に、三世代交流餅つき大会は、つきたての餅、焼き芋、ぜんざい、豚汁などを食べながら、大勢の子どもたちから高齢者まで家族そろって参加し、とても賑わう楽しめるイベントです。

そして防災訓練では、地域の避難所である高丘西小学校を中心に、災害が発生した時の備えを確認し、専門家の指導を受けながら防災資機材の使用方法、消火訓練、救急処置などを学んでいます。

また、高丘西小学校の横には、広いグランドを備える高丘西公園が隣接しており、少年野球やサッカーをする子どもたち、グランドゴルフを楽しんでいる高齢者の方たち、テニスで汗を流したり、地区の高齢者サークルで育てる花々は散歩をする人たちの心を和ませ、地域住民の憩いの場であります。

現在、地域コミュニティの担い手も高齢化していますが、高丘西小コミセンが校区のまちづくりの拠点となって[高丘西校区まちづくり協議会]を中心に、自治会、高年クラブ、子ども会、学校園PTA、民生児童委員、ボランティア団体等が連携し、さらには学校園や所轄の行政側の参画も受け、楽しく元気な交流を育む活動を様々に展開しています。

(人口 8,785人。(平成28年4月1日現在))