お知らせ

広報誌

まち会ニュース 会報第7号

まち会ニュース 会報第6号

行事一覧

開催月イベント名説明
6月定期総会
8月夏まつり

地域・組織情報

町の中心部には日本標準時の基となる東経135度の子午線が通り、南には明石海峡大橋が見渡される大蔵海岸公園が広がり、行き交う船や淡路島も眺められる風光明媚な場所として多くの観光客が訪れる場所となっています。

また、校区としての歴史は新しいものの、この地域には昔からの古い家並みや、神社・お寺も数多くあり、古い伝統や文化が受け継がれており、獅子舞など秋の祭りを通じて歴史の重みを感じることが出来ます。

交通の便もよく、自然に恵まれたこの地域ですが、これからは少子高齢化や高齢者の一人住まいなどがより増加し、地域でのふれあいが一層大切になってきます。これらは、この町の良さをいつまでも残して行き、お互いが安心して住める町にして行きたいものです。

校区基礎データ
【人口】7,211人
【世帯数】3,576世帯
【面積】1.117㎢
【自治会数】18団体

※人口・世帯数は令和元年7月1日時点の住民基本台帳人口による

計画・報告

夢でなく実現を…

このたび作成した中崎まちづくりの会(以下「まち会」という)計画書は、アンケート調査や意見交換会(まち会未来会議)を通じて地域の皆様の声をお聞きし、校区の現状を知るとともにこれからの「まち会」が目指す姿をまとめました。その結果、各部会で検討したいろいろの課題が明らかになってきました。
これらの課題解決に住民の皆様と共に取組み、中崎校区が住み良い町として他の校区の皆様の憧れの場所となるよう活動の輪を広げていかなければなりません。
この計画書が、そのための指針としての役割を果たすものと考えています。
これからも出来るだけ多くのみなさんが活動に参加していただき、「三世代の交流」という「まち会」のモットー実現にお力を貸していただけることを願っています。

中崎まちづくりの会計画書

令和元年度

平成28年度

平成27年度