脱原発 明石・たこの会

活動目的
旧ソ連のチェルノブイリ原発事故後の1987年に発足。阪神淡路大震災後は活動が休止状態でした。もう一度、“脱原発”を訴えようと活動を再開した矢先の2011年3月に福島原発事故が発生し、「原子力」の恐ろしさを目の当たりにしました。再び惨事を起こさないために、これ以上大地や海を汚染しないためにも、原発に依存する社会に終止符を打ち、エネルギーシフトを進める地域社会を目指して、活動(映画上映・学習会・明石市議会への請願等)しています。
活動内容
〇2011年以降の活動
■高速増殖炉「もんじゅ」を止めるための学習会・明石市議会への申し立て
■原発再稼働反対・署名活動
■福島の現状を知る学習会
■「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会
■「内部被ばくを生き抜く」連続上映会
■「広河隆一 写真展」開催
■「守田敏也氏 講演会」開催
■明石市議会への請願
 *放射能の空間線量測定器設置について
 *学校給食食材の放射能測定について
 *「原子力発電に依存しないエネルギー政策へ の転換に関する意見書」政府への提出について
団体ホームページなど
http://www.facebook.com/datugenpatu
主な活動地域
明石、神戸
主な活動日時
不定期
入会金・会費など
入会金:なし 、年会費:1,000円
問い合わせ先
山根 康彦
090-9542-9005
akashi.takonokai@gmail.com