鳥羽まちづくり協議会

まちナビAKASHI

地域・組織の情報

 

 

鳥羽小学校区は、昔、51町歩の田畑を潤した「野々池」。ハス、ツクシ、ヨモギなどの草花や、カイツブリ、カモなど鳥たちの生息地(鳥羽の名の由来のひとつ)で、自然の宝庫でした。今は、市民生活を支える水道用貯水池、市民の憩いの場として、親しまれています。

鳥羽小学校区は、東日本大震災や阪神・淡路大震災の教訓を踏まえ、災害への備えを強化しようと取り組んでいます。特に一人暮らしのお年寄りなど要支援者をどう見守るのか、住民代表が知恵を絞り、2009年度には避難支援ガイドラインを作りました。基本方針には「防災知識の向上」「地域力の強化」「防災資機材の整備充実」の三つを定めています。毎年の防災訓練は自治会や行政、学校、福祉関係者と協力しながら、校区内にモデル地区を設けて実施しています。

また、校区を代表する鳥羽まちづくり協議会では、平成20年度には、まちの未来像を「ふれあい・健やかなふる里」と定め、安全・健康・福祉・子育て・環境の5分野をまちづくりの重点課題に掲げ、まちづくり3カ年ビジョンを策定し、課題の解決に向けた事業・活動を展開してきました。平成25年度には、新たに第3次ビジョンを策定するために、鳥羽小学校区の全ての自治会員及び保護者を対象としたアンケート調査を実施し、地域の生の声を可能な限り反映された計画づくり、さらには活動へと、参画と協働によるまちづくりを推進しています。

(人口 10,611人、世帯数 5,143世帯。(平成26年4月現在))

 
 
 
 

鳥羽まちづくり協議会

役 員
  • 会長:
    田中 昌平
  • 副会長:
    山内 元治、岸本 高廣、山本 和雄
  • 事務局長:
    山下 俊郎
  • 理事:
    岩佐 肇
  • 幹事:
    小川 明、竹中 康訓、田中 秀夫、谷野 孝雄、長岡 肇、野村 多美弘、日高 千佳子、細田 政春、山田 信彦、山田 祐次、吉田 賢一郎、若村 正順
  • 会計監査:
    阿江 武、金井 一郎
規 約

鳥羽まちづくり協議会規約(pdfファイルが表示されます)

 
   
 
 

活動拠点    鳥羽小学校区コミュニティ・センター

〒673-0018
明石市西明石北町2丁目2-1

TEL : 078-928-3767    

 
   
 

TOP