高丘西校区コミュニティ推進協議会

まちナビAKASHI

2015
5/25
地域住民に優しいコミセン運用を

高丘西小及びコミセンには、40年まEから色々とお世話になって感謝しております。
しかしながら、最近、明石市長室へ意見投稿せざるを得なくなったものの写しをここに投稿します。
関係先から納得できるご返事が戴けなかった場合は、市民オンブズマンに相談することも考えていますが、先ずは手順を踏んで、明石市の財政や職員の方に何ら不都合がでない事案として善処して戴けるものと思っております。

最近、私たちの仲間の女性が居住地のすぐ北側に位置する、高丘コミセンへ印刷機(リソグラフ)の利用に行きました。
私も同行し、女性職員が大変親切に対応してくれ、高齢者大学・兵庫県いなみ野学園の部活動の資料を料金を支払って印刷しました。
いなみ野学園は、明石市立あかねが丘学園と同じく、高齢者を対象とした、生涯学習、地域活動・自治会・高年クラブ・ボランティア活動等を目的として学ぶ場所で、あかねが丘学園を卒業した者の多くの者が行って活動を続けています。
ところが、後日、同じように印刷に行きますと、「所長の指示で使用不可」と言われました。
所長さんに理由を聞きに行きますと、「いなみ野学園は、たとえ・・・明石支部という名前が付き、明石市内でボランティア等の活動をし、明石市民であっても、いなみ野学園は県の施設であり対象外であるため使用不可」とのことでした。
仕方なく、昨年まで、いなみ野学園の複数の者が、印刷機を使わせて貰っていました高丘西小コミセンで印刷を行いました。
昨年までは自由にとらせて貰っていたものが、今回は、女性職員が、わざわざ所長を呼んで許可を得たうえで、印刷しました。
ところが、後日、所長から、「今後、いなみ野学園は使用不可、昨年・昨日までの許可が間違っていた」と連絡がありました。
皆さまご存じのように、パソコン等で作成する資料は、自宅でおこない、近くで印刷して自宅で綴じます。
従って、加古川市に施設のあるいなみ野学園へ印刷に行くのは常識はずれです。
明石市市民共同推進室へ使わせて戴きたいと相談しましたところ、該当コミセンから話を聞いて調整するとの回答を戴き、安心して待っていましたところ、「使用不可となった」との回答を戴きました。
本件について、市民の皆さま、明石市長さん、兵庫県知事さん、いなみ野学園長さん、県議会・市議会議員さん方、どう思われるでしょうか?ご意見をお聞きしたいですね。
「従来、許可されていたものが何故不許可となったのでしょうか? また不許可は地域コミュニティの核となる施設として正しい判断でしょうか?」
明石市のコミセンには、スポーツ21等の活動費や県民広場等の運営費として、県からも多額の資金援助が出ていると思います。
コミセン所長も職員も5年勤務で退職している現在、コミュニティ活動の目的と原則等について、学んでから来られて就任されていると思いますが、盛んに学校や方々の講演会で行われる活動の精神と主旨から離脱していないでしょうか?
所長さん並びに職員の皆さま、市民の皆さまのご意見もお聞きいたしたく。

TOP