ACTクラブ(青少年ヘルスアートビレッジ)

活動目的
モデルとなりアドバイスしてくれる教師や親、叱ったり諭してくれる大人がまわりにいない現代社会。そしてこどもの貧困、不登校、自殺や犯罪に巻き込まれたり、引きこもったりと…子供たちは、生き方に悩んでいます。
哲学は錯綜し、道徳は崩壊し、学校も家庭も、そして世界も混乱する現代に、自分に気付き、自分の気持ちを伝え、問いかける。生きる力を学びコミュニケーションしていきましょう。
活動内容
アート(生きるという芸術的行為)は悩んでいる人達のために存在する。本当に困ったら、その時にはアートがある。アートがあれば、きみはひとりぽっちではないし、きみは死なない。
ただながめるのではなくて、自分に気付き、自分が何者かということがわかると、やっぱりボクがワタシが主役だったと最後はなるわけですね。アートは共通言語。伝えたい本質をむき出しに出来る。すべてを超える力です。
アートセラピスト、精神保健福祉士 藤井敏幸
団体ホームページなど
主な活動地域
実施になれば掲載
主な活動日時
日曜日、月1回、17:00~19:00 (不定期)
入会金・会費など
入会金:なし 、年会費:なし
会員の募集
児童から一般の方、そして高齢者の方達が、まるで美味しい食べものを食べるように、絵を描くことで、頭や心のいろいろな部分を整理して刺激して、生きる理想を探しましょう。
問い合わせ先
藤井 敏幸
080-8320-9380